総合職(営業企画)

KENJI EINAGA榮永 健志ヘルスケア事業部 ヘルスケア営業部 平成17年入社

榮永 健志

榮永 健志

常盤薬品工業を志望した理由を教えてください。

南天のど飴、眠眠打破などの身近に知っている商品を取り扱っているという事がきっかけでしたが、それ以外にも化粧品や置き薬などの幅広い領域を販路に持つ企業であることを知り、自身のスキルアップの面でも大きな可能性を感じたので志望しました。

仕事内容について教えてください。

営業担当の頃は、関西・中国エリアを主に担当していました。全国規模の代理店様の本部も担当させて頂きましたが、エリアの枠を越えて連携する事の難しさを感じながらも、企画が達成できた時には大きな達成感・満足感を味わうことができました。
本部異動後は、営業企画として現場の営業担当をサポートする企画等の立案に携わっています。現場担当がより仕事をしやすく、かつ売上を伸ばせる環境を整えていくことが私の業務であると考えています。元営業担当としても、営業活動の方向性を決める企画立案に携われることは大きなやりがいであると感じています。

榮永 健志

この仕事が好きだと思う瞬間を教えてください。

営業企画は、対外的というよりは社内にはたらきかけていく仕事です。企画を立案する際も様々な部署との交流や連携を重ね、チームとして作り上げていく一体感が醍醐味であると感じています。

榮永 健志

仕事をする上で大切にしていることは何でしょうか?

所属部署に関係なく常に心掛けなければならないと考えているのは、クイックレスポンスです。相手との信頼関係にも関わりますし、何より、先延ばしにすることで要点を忘れ、必要以上に時間をかけてしまうという点においても非効率です。
分かっていながら100%実践できているとは言えないのが反省点でもありますが、日々前向きに業務に取り組んでいます。

常盤薬品工業で働く魅力は何でしょうか?

常盤薬品の魅力は「可能性」だと思います。取扱商品は化粧品から食品、医薬品まで多岐に渡り、 販売ルートも一般家庭からスーパー・ドラッグストア、医療機関まで幅広く網羅しています。 そこで働く先輩社員たちも様々な経験を通して、幅広い分野に精通しながらスキルアップしています。 常盤薬品工業は「みなさんの可能性を最大限に広げることができる職場」だと思います。

1日のスケジュール

8:00

出社(メールチェック)

9:00

部内ミーティング

9:30

営業からの各種申請のチェック

12:00

昼食

13:00

新商品販売戦略ミーティング

15:00

売上データ収集、分析作業

16:00

各種資料作成

18:30

退社

キャリアについて

入社後の経歴

2005年4月 配置事業本部(現配置事業部) 営業推進部
【業務内容】 営業推進部の営業として全国の販売代理店様に出向し、置き薬の新規契約業務に携わる
2006年4月  薬品営業部(現ヘルスケア事業部) 中四国地区事業所へ異動
【業務内容】 中四国エリアの薬品卸様及びその帳合のドラッグストア様や一般薬店様を担当し、自社商品の売り込み活動などを中心にルート営業を行う
2012年7月 ヘルスケア事業部 大阪支店へ異動
【業務内容】 関西エリアと中国エリアの薬品卸様・食品卸様及びその帳合のドラッグストア様やスーパー様等の小売店様を担当し、自社商品の売り込み活動などを中心にルート営業を行う
2015年12月 ヘルスケア事業部 ヘルスケア営業部へ異動 今に至る
【業務内容】 ヘルスケア営業本部スタッフとして、主に営業企画や販促企画の立案、営業スタッフのサポート業務に携わる

今後のキャリアの目標

営業企画として、南天のど飴・眠眠打破などの主力ブランドの競争力強化に努め、ヘルスケア事業部の売上向上に繋げていくことです。また中堅社員として、将来のヘルスケア事業部を担う後輩社員や新入社員の育成にも注力しながら、自身のキャリアアップに繋げていくことが今の私の目標です。

PAGE TOP