• ジブンゴトについて
  • お問い合わせ

Home 予防+改善のWケアで美白を制する くすみ対策のカギは保湿にあり!

2012.04

“早すぎる”も“もう手遅れ”も、もったいない! 予防 改善のWケアで美白を制する

-明るく透きとおった肌も美白の条件- くすみ対策のカギは保湿にあり!

「しみや日やけがない」=「美白」と考えがちですが、実はもう一つ大切な要素が。それは、輝くような透明感。つまり、くすみがないことです。くすみの原因と対策法を見てみましょう。

くすみの2大要因とは?

乾燥で

肌が乾燥すると、表面がカサつき、全体的にくすんだ印象に。指輪やカトラリーもつや消しのものは表面がざらついていますよね? 
きめが整ったなめらかなお肌は、明るく透きとおるような肌に欠かせない要素です。

加齢による「糖化」もくすみの原因

肌は年齢とともにどうしてもくすみがちになるもの。原因の一つは、ターンオーバーの乱れ。古い角質がたまってしまうと透明感が失われます。

また、最近話題の「糖化」によって肌に「AGEs」という黄褐色の物質が蓄積され黄色っぽくくすむことも。

糖化とは加齢によって体内のタンパク質と食事で摂取した糖が結びつき、「糖化タンパク質」ができる現象。近年、肌の老化の原因として注目され、「酸化」と並ぶ美容と健康の大敵だと言われています。

くすみには基本的な保湿ケアの徹底を!

地道なスキンケアこそが、くすみをなくす近道です。中でも重要なのが保湿。肌にうるおいを与えることができれば、カサつきが抑えられ、透明感が増してきます。

洗顔や入浴の後の素早い水分補給や、肌に水分を蓄えるための美容液や乳液、クリームの使用など、基本的な保湿ケアを徹底しましょう。

関連する記事


PAGE TOP


  • Webサイトのご利用にあたって
  • ソーシャルメディアのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー