• ジブンゴトについて
  • お問い合わせ

Home 予防+改善のWケアで美白を制する 紫外線によるしみの予防は通年ケアで

2012.04

“早すぎる”も“もう手遅れ”も、もったいない! 予防 改善のWケアで美白を制する

-しみとは無縁という人こそ要チェック!- 紫外線によるしみの予防は通年ケアで

しみの予防で一番気をつけたいのが紫外線。日やけしたときだけ、日差しの強い夏だけと思いがちですが、実は長年の蓄積が肌にダメージを与えます。紫外線の影響は自分である程度予防できるので、ケアしない手はありませんね。しみにお悩みの方はもちろん、今のところは問題ナシという方にも、一年を通した紫外線対策をお勧めします。

紫外線でなぜしみができる?

皮膚に紫外線があたると表皮の一番下、基底層(きていそう)にあるメラノサイト(色素形成細胞)がメラニンという黒い色素を作り出します。

これが日やけで、冬になれば自然に色が薄くなっていきます。
ところが、長期間にわたって紫外線に繰り返しあたることで、"光老化"が起こります。

しみは、この光老化の一種。メラニンを作り続ける異常なメラノサイトがあるところにできます。

紫外線を浴びないことが最大の予防策!

しみの予防には、とにかく紫外線にあたらないことが大切です。日やけが薄くなっても、あたってしまった紫外線の影響がゼロにリセットされるわけではありません。また、深いしわの原因となる紫外線は、夏と冬で降り注ぐ量はさほど変わりません。そのため、一年を通じてのUVケアが理想的なのです。

美白化粧品も一年中が理想的

残念ながら、日やけ止めが紫外線を100%さえぎるわけではありません。白くて美しい素肌を目指すなら、美白化粧品を一年を通してお使いいただくのが効果的です。

お勧めなのは、顔全体に使える美容液やクリームタイプで、毎日使い続けやすいもの。こうした美白化粧品は、特に日やけによるしみ、そばかすを防ぐのに効果を発揮します。メラニン生成を抑え、できたメラニンの還元も期待できる「ビタミンC誘導体」「アルブチン」などの美白成分が配合されていることを確認しましょう。

ワンポイント 日やけ止めを塗り忘れた・・・そんなときにも有効。 メラニンの生成を抑える美白化粧品は、日やけも軽減してくれるので、しみ予防だけではなく、白い肌をキープしたい人にもお勧めです。日やけ止めを使うことが一番ですが、紫外線をたくさん浴びてしまったときには、美白化粧品が活躍します

関連する記事


PAGE TOP


  • Webサイトのご利用にあたって
  • ソーシャルメディアのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー