• ジブンゴトについて
  • お問い合わせ

Home プレゼンのプロたちのスタンダードが明らかに!?

2011.03

[ビジネス意識調査] プレゼンのプロたちのスタンダードが明らかに!?

調査実施期間 :2011年1月14日~17日
調査対象 :一都三県の広告・IT業界で働く20代以上の男女400名(各業界200名ずつ)
調査方法 :インターネット調査

勝負時間を応援するここぞの時のサポートドリンク『眠眠打破』にちなみ、ビジネスマンの勝負時間「プレゼン」に関する意識調査を実施しました。対象者はプレゼンのプロとも言える、広告・IT業界で働く人たち。アンケート結果から、どんなスタンダードが見えてくるのでしょうか。

広告・IT業界人は、今日もプレゼン?

プレゼンの回数はどのくらい?

月1~5回が約8割、6~10回が約1割という結果に。中には31回以上という強者もいて、一日に何度もプレゼンを行っているようです。
やはり、広告・IT業界人にとって、プレゼンは日常の1シーンのようです。

月平均のプレゼン回数は?

プロが気になる、あの人のプレゼン ~同業者編~

広告・IT業界でプレゼンを聞いてみたい人は?(回答3つまで)※敬省略

  名前 主な理由
1 糸井重里
(株式会社東京糸井重里事務所代表取締役)
48.3% 常人では考えつかなそうなプレゼンを
聞けそう(35歳女性)
2 佐藤尚之
(株式会社電通)
18.8%
書籍が売れているから(38歳男性)
3 佐々木かをり
(株式会社イー・ウーマン代表取締役社長)
18.3%
女性の成功者の 声を聞きたいため(39歳女性)
4 岸勇希
(株式会社電通)
9.5%
あの企画を通した電通マンのプレゼンに
興味あり(男性38歳)
5 徳力 基彦
(アジャイルメディア・ネットワーク
株式会社代表取締役社長)
7.5% フォロワー数が多く、人気があるから(47歳男性)

プロたちの準備とは?

準備は短期間でも前日はしっかり休む

準備期間は3日以下という回答が多い一方で、本番前日は5時間以上寝る人が約8割。タイトなスケジュールでも、しっかり休んで本番にのぞむ。これがプロたちのスタンダードと言えそうです。

本番モードへの切り替えは?

本番前にはリハーサル頭と気持ちをスッキリと

プレゼン前にすることは「リハーサルを行う」「自己暗示をかける」「覚醒系飲料を飲む」がトップ3。語り口や流れを具体的にイメージし、頭と気持ちをスッキリとさせて、本番モードへとスイッチしていきます。

プレゼン前にすることを教えてください。
(プレゼン1日前~プレゼン直前)(回答3つまで)

プレゼン直前、脳内に流れるのはテンションを高める音楽

プレゼンに挑むための私的テーマソングは?

  曲名 %   曲名 %
1 ロッキーのテーマ 24% 6 上を向いて歩こう/坂本九 3%
2 炎のファイター 〜INOKI BOM-BA-YE〜 7% 7 スカイ・ハイ/ジグソー 2%
3 負けないで/ZARD 5% 8 スターウォーズのテーマ 2%
4 ガッツだぜ。/ウルフルズ 3% 9 ハイウェイスター/ディープパープル 2%
5 愛は勝つ/KAN 3% 10 勇気のしるし〜リゲインのテーマ
/牛若丸三郎太
2%

いよいよプレゼン本番!

会議室はステージプレゼンは演劇だ!

プレゼン中に心がけることでは「演劇だと思って振舞う」が最多。プレゼンに必要な要素では「論理性(60.0%)」と「インパクト(58.5%)」が僅差で1位、2位。明確なロジックに加えて、ドラマチックな演出も重視するプロが多いようです。

プレゼン中に心がけることは?(回答3つまで)

プレゼンに必要な要素はなんですか。(お答えは3つまで)

ジョブズ、孫正義。お手本はドラマチックなプレゼンで知られるカリスマ経営者

参考にしたことがある

  書籍名 %
1 スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
―人々を惹きつける18の法則
/カーマイン・ガロ
11.0%
2 プレゼンテーションの極意
/川崎 和男
11.0%
3 5日で身につく「伝える技術」 ビジネスで
成功するプレゼンテーションの奥義
/西野 浩輝
10.3%
4 ひとつ上のプレゼン。
/眞木 準
9.8%
5 プレゼンがうまい人の「図解思考」の
技術
/永田 豊志
9.0%

広告・IT業界以外でプレゼンを聞いてみたい人は?(回答3つまで)※敬省略

  書籍名 %
1 孫正義
(ソフトバンク株式会社代表取締役社長
兼CEO)
55.3%
2 柳井正
(ファーストリテイリング代表取締役
会長兼社長)
21.5%
3 渡辺美樹
(ワタミ株式会社代表取締役会長)
17.0%
4 勝間和代
(経済評論家、中央大学ビジネス
スクール客員教授)
15.8%
5 稲盛和夫
(株式会社日本航空 代表取締役会長)
15.8%

「短期間の準備」「前日の休息」「リハーサル」「演劇のような振舞い」と、
多くのプロに共通するプレゼン観が見えてきました。
直前準備では役作りを思わせる「自己暗示」も上位に挙がるなど、
とりわけ「演劇性」「ステージ」といったキーワードは、
プロたちのプレゼンを参考にする上で重要なヒントになりそうです。


PAGE TOP


  • Webサイトのご利用にあたって
  • ソーシャルメディアのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー