HOME  >  社会活動(CSR)  >  環境への取り組み

社会活動(CSR)

環境への取り組み

環境に関する基本方針

当社は、環境問題を企業活動の重要課題としてとらえ、下記の考えに基づく環境活動を推進しています。

  • 紙、電力・水・その他燃料などの節約に努め、省資源と省エネルギーを推進します。また、廃棄物はリサイクルできるように配慮し、できる限り環境にやさしい処理を目指します。
  • 自然環境に配慮し、環境汚染の予防に努めます。
  • 環境に関わる法令・条例等の規制を確実に取り入れた事業活動を行うと共に、適切な情報開示に努めます。
  • 環境に与える影響を把握し、環境目的・目標を設定し実行します。また、常に見直しを行い、継続的に改善していきます。

三重工場について

常盤薬品工業は、「カラダ・ココロ“トキメキ”創造企業」をスローガンに、お客さまの日々の生活の中でカラダにもココロにもトキメキを感じていただける商品をご提供しています。“トキメキ”を創造し続ける企業であるために、三重工場でも高品質な商品の製造に努めております。
当社の製品誕生の源である三重工場では、古琵琶湖層群(※1)から汲み上げられる美しい水を利用しながら商品開発を行っております。お客さまに、より高品質な商品やサービスを提供できる一流の企業であり続けることに加え、自然界の恵みに感謝し、美しい地球を取り戻すためにも地球環境・エネルギー環境の保全をも視野に入れ、環境負荷の低減を行っております。 三重工場(三重県伊賀市)では、GMP基準(※2)に基づき、フラッグシップブランドの眠眠打破などドリンク類の製品を製造しており、年間の生産数量は一億本を超えるものとなっています。

(※1) 古琵琶湖層群
南は三重県の上野盆地から北は滋賀県の近江盆地(琵琶湖を含む)にかけて、南北50kmにおよぶ広い範囲に分布し、盆地緑辺では主として丘陵をつくり、盆地内の平野部や湖底下では地下に埋没している鮮新世〜更新世の地層をいいます。
(※2) GMP基準
医薬品の製造管理及び品質管理の基準のこと。

PAGE TOP

三重工場における環境活動

1.地球温暖化防止に向けた取り組み

[1]重油からLNGへの転換
三重工場では、従来の重油から環境にやさしい、高カロリーなクリーンエネルギーであるLNGを導入しました。CO2の排出量は、重油と比較して30%削減されます。LNGとは液化天然ガス(Liquefied Natural Gas)の略語で、天然ガスから不純物を除去し、これを精製、冷却(マイナス160℃)して液化したものです。

[2]LED照明採用によるCO2排出量の削減
三重工場では、既存の蛍光灯による照明からLED照明への切り替えを進めており、新工場では、照明の全てをLED照明への切り替えを進めており、新工場では、照明の全てをLED照明にし、消費電力の削減を行っています。

[3]サーキュレーションシステム導入による水資源の有効活用
新工場では、サーキュレーションシステムを導入し、充填後の製品殺菌に用いた水を冷却し再利用することにより、水使用量と排水量の削減を行い水資源の有効活用を図っています。

*サーキュレーションシステム:水循環再利用システム

[4]使用エネルギー(電気、LNG)の管理強化
三重工場内では、工場稼動時の使用エネルギー量(電力量、LNG量)を電子掲示板やメールを用いて、日々、従業員に知らせることで、一人ひとりのエネルギー削減への意識向上を図っています。

その一環として、冷房の設定温度28℃、暖房の設定温度20℃の取り組みを行っており、空調温度設定器(リモコン操作部)に推奨設定温度を表示して実践しています。また、電力会社との契約電力(最大需要電力)を、デマンド計で常時使用量を監視し、契約電力を超過しそうな際には指定設備(エアコン・蛍光灯など)の停止や使用制限など、きめ細かい対応策も実施しています。

PAGE TOP

2.廃棄物の削減と有効利用

当社では、循環型社会に対応するべく、リサイクルも含め廃棄物の減量化(リデュース)や再利用(リユース)の3R作戦に基づく廃棄物の排出制御と循環利用の促進による最終廃棄物の削減に努めています。

[1]余剰汚泥の肥料化
工場から出る排水を処理する為の汚泥は、処理する度に必要以上に増えてきます。この必要以上に増えた汚泥(余剰汚泥)はリサイクル業者様の手によって肥料として生まれ変わっています。

廃液処理装置 [2]廃液の飼料化
廃液は中間処理業者様によって肥料の原料となっており、余剰汚泥と同じく肥料として生まれ変わっています。また廃液の一部は燃料用バイオエタノールの原料としても活用されており、新たなエネルギー源を生み出しています。

ごみの分別 [3]ごみ(廃プラスチック)の分別
平成18年11月より、三重工場全社員で廃プラスチックの分別を実施しています。分別された廃プラスチックは、選別・梱包後に再生品製造工場に持込まれ、当社の製品などを運ぶパレットに生まれ変わり、一般市場に渡っています。

PAGE TOP

 
担当者の声

三重工場では、「環境にやさしい工場」をスローガンに、主にドリンク製品の生産活動を展開しています。田園地帯に立地しており、工場排水は農業用水として利用される為、環境への配慮に重点をおいています。また、省エネ法に基づく「第一種エネルギー管理指定工場」として、計画的にCO2排出量削減にも取り組み、今まで以上に環境にやさしい工場を目指しています。

 (三重工場 環境担当 横山)

PAGE TOP